FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

続きを読む

七草粥



昨年「おかゆメーカー」なるものを購入し、ほぼ毎日の食事で使っております。大変に便利で、豆腐やヨーグルトなども作れるようですが、私にとって何よりも嬉しいのは、玄米からでもお粥を炊けること。しかも内釜を熱々に加熱して炊く従来の炊飯器とは全く異なる、言わば湯煎式。ぐずぐずにならず、糊状にもならず、水の量で好みの分合いにすればよく、とても美味しいお粥が簡単に作れます。製造メーカーは象印で安心。それでいながら五千円しないという素晴らしいアイテム。おすすめです。というわけで、七草粥も簡単にできました。

続きを読む

七草粥

nnakusa2016

粥:せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、梅干し、米。
御御御付:おくら、ごぼう、きゃべつ、わかめ。
煮物:かぼちゃ、れんこん、さつまいも、いんげん。
漬物:すずしろ。

七草粥を脚つき椀で



今年の七草粥は、応量器ではなく脚つき椀で頂いてみました。ブランデーグラスのように持ち上げることができる、日本デザイン登録協会に登録済のお椀です。その後、やっぱり会津の某漆器店にパクられましたので内容証明をお送り致しました。沢庵は、溜塗りの姫小皿に、鶏手羽と椎茸と葱のおでん風は鯉江明の平茶碗に。ランチョンマットは、冨田潤のテーブルランナー。お粥については、続きをご覧ください。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。